不貞行為

41d0394f9284db86da32e2e317d54e5f_s

不貞行為とは

9b64f9ea16b48204e9337bd8bd87af46_s

不貞行為とは、男女間の性交渉(セックス)のことを指します。従って、性交渉を伴わない密会等は不貞行為には当たりません。

夫婦の一方が、配偶者以外の異性と性交渉をすれば、離婚原因を定める民法第770条第1項第1号の「配偶者に不貞な行為があったとき」に該当することになります。

民法第770条(裁判上の離婚)
1、夫婦の一方は次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

  1. 配偶者に不貞な行為があったとき
  2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
  3. 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
  4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
  5. その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

2 裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。

第1項だけを見ると、不貞行為があれば直ちに離婚が認められそうに思えます。しかし第2項に「一切の事情を考慮した上で婚姻を継続させた方が良いと考えられる場合、裁判所は離婚を認めないこともできる」と定めているので、不貞行為があったからといって、直ちに離婚が認められるわけではありません。

反対に肉体関係がなくても、一切の事情を考慮して「婚姻を継続し難い重大な事由がある」と裁判所が判断すれば、離婚が認められることもあります。

どんな行為が不貞行為に当たるのか?

二人で飲み会・カラオケ・ボーリング・映画などに行くこと

7324012bf3434a7f263958c02b9bd052_s

配偶者以外の者との間に性交渉(セックス)がなければ不貞行為ではないので、民法第770条の離婚原因には該当しません。

ですから、昔好きだった人と再会して、二人だけでカラオケ・ボーリング・食事・飲み会・映画に行っていた、という程度の関わりなら不貞行為とは認められません。

キス・抱擁

4895357c0ff97a1c2404d1ebef01acbb_s

キスや抱擁などは、親密な関係が疑われる行為ではあるものの、性交渉ではありませんから、不貞行為とは認められません。

但し、配偶者以外の人を心から愛したことで配偶者に愛情を持てなくなったような場合は「婚姻を継続しがたい重大な事由がある(民法770条1項5号)」として離婚原因になる可能性はあります。

1回だけの性交渉

1630055d4523b5844a67037a9c9ca50a_s

たった1回でも性交渉があれば、民法第770条第1項第1号の「不貞行為」に該当することになります。従って、たとえ風俗嬢との性交渉であっても、不貞行為と認められ、離婚原因に該当します。

性交類似行為

e0e2402f2465c82995f8d0d76c2fd382_s

不貞行為には以下のような「性交類似行為」も含まれます。

  • オーラルセックス
    歯や唇や舌や口腔を駆使して行う性行為全般(フェラチオ・イラマチオ・クンニリングス・アニリングス、シックスナインなど)
  • 射精を伴う行為
  • 同性愛行為

以上のことから、デリヘルのように、いわゆる本番行為(セックス)を前提しない風俗も、不貞行為に当たることになります。

不貞行為に該当しても、裁判で離婚が認められるとは限らない

224f823d1ca3443d3a0f74b2f9bfb887_s

裁判所が不貞行為を理由に離婚を認めるかどうかは「婚姻関係が破綻したかどうか」の判断によるため、不貞行為や性交類似行為が直ちに離婚に直結するわけではありません。

ですから、夫が心から反省している様子が伺える場合は「婚姻が破綻したとまではいえない」として、妻の離婚請求が却下されることもあります。

反対に、性交渉がなくても「婚姻関係は破綻した(回復は不可能)」と認められるときは「婚姻を継続しがたい重大な事由がある」として、離婚が認められることもあります。

ですから、本当は何度も不貞行為をしていたのに「1回だけの過ちだった。反省している!許してほしい!」などと夫が嘘の謝罪をして妻の離婚請求が却下される可能性はあります。

確実に離婚したいなら、悪質な不貞の実態を明らかにするため、2~3回程度の浮気の証拠は掴んでおいた方がいいでしょう。

配偶者の不倫が発覚時したときの対応

9ba9e5b6a8cdfc8ce1598be0b2a4afec_s

配偶者の不倫が発覚した時の対応は難しいものがありますが、将来離婚する可能性が高いと感じるなら「不倫の事実」と「二度と不倫はしない」ことを誓約する文書を作成させるのも一つの手です。

こういった文書があれば、後日配偶者が開き直って「不倫なんて知らない」と言い出すようなことを防ぐことができます。

「不倫はしない」旨の誓約は、夫婦が当然に負うべき貞操義務なので、書面を交わす実益は大きいとは言えません。

しかし、そのような誓約書を作成しておけば「当然のこともあえて書面化するほど配偶者の不倫に悩んでいた」という背景が、その書面から推測できるようになります。

ですから、万が一将来離婚や慰謝料の裁判に発展した時は、その誓約書が経緯を明らかにする強力な書面になるといえるでしょう。

不倫の問題を口約束だけ済ませると「次に不倫がバレても謝れば何とかなるだろう」という甘い考え方が残る可能性があります。

しかし、法律用語を羅列した契約書に署名捺印させておくと「契約を守らなければいけない」という心理的な拘束力をアップさせることができます。

但し、あまり攻撃的に書面の作成を求め続けると、当初は離婚を考えていなかった配偶者が「これ以上関係を続けるのは難しい」と考え、離婚を申し入れてくる可能性もありますので、相手方の性格なども考慮に入れた慎重な対応を心掛けましょう。

関連記事

  • 離婚調停離婚調停 離婚調停とは? 離婚調停は、夫婦間で離婚の話し合いができないとき、あるいは話し合いが進まないときに、裁判所(の調停委員)が間に入ってもらって、離婚するかどうかや離婚 […]
  • 親族問題親族問題 意外に多くて根の深い親族問題を理由とする離婚 「親族との折り合いが悪い」は、男性が選ぶ離婚理由のうち、「性格の不一致(男性1位)」「異性関係(男性2位)」に次い […]
  • 財産分与財産分与 財産分与とは? 結婚後、夫婦が協力をして築き上げた財産(共有財産)を離婚時に清算をすることを「財産分与」といい、厳密にはこれを「清算的財産分与」と言います。 […]
  • 性格の不一致性格の不一致 性格の不一致 夫婦関係が悪化した原因としてよく挙げられるのが、配偶者の人間性や性格の違いに基づく「性格の不一致」の問題です。 離婚を考える方の多くは配偶者 […]
  • 慰謝料慰謝料 離婚の慰謝料 週刊誌やテレビで芸能人の離婚が話題になると、慰謝料は何千万だとか何億だとか騒がれるので、離婚には慰謝料がつきもののように思われがちですが、必ず慰謝 […]
  • 養育費が支払われない場合の差し押さえ・強制執行養育費が支払われない場合の差し押さえ・強制執行 養育費が支払われなくなった場合 調停、審判、離婚訴訟の判決や和解で決まった養育費を相手(義務者)が支払わない場合、養育費を受け取る側(権利者)は、家庭裁判所を通 […]

コメントを残す

▼ 閉じる ▼

▲ 閉じる ▲

Return to Top ▲Return to Top ▲